寒い!そろそろタイツの出番だね。

朝晩、ちょっと普通のストッキングでは厳しいくらいに冷えてきましたよね。
特に早番で電車も間で始発が出てないときには、自転車でさっそうと出勤してたんだけど、これが寒くて厳しくなってきました。

さすがにもう無理ですね。

女子高生とか真冬でも素足で登校しているのを見るけど、やっぱり若いってすごいエネルギーなんですね?ストッキング履くとダサいとかおばさんくらいからといって、寒くても素足ですからね( ;´Д`)

すごいわー感心させられるわ。

私はというと我慢せずに脚やせ タイツ履きました。こんなので風邪をひいたらシャレにならないわけ。しかも脚が細くなるタイツを持っているので早く履きたいというのもあります。

鏡に映る自分の脚をみてちょっとうっとり♪

こんなに足が細かったか?ってくらいに引き締めてくれます。特にふくらはぎから太ももにかけてはすごい細くなるのでおすすめ。

ちょっと慣れるまで苦しいけどね。夕方になるとだるくなったりしてきますから。この辺は我慢我慢。

脚痩せタイツもローテーションを考えたらあと4枚は欲しいかな。今度給料が入ったらとりあえずあと2枚プラスしよう。意外に高いんですよね。ただ厚いので電線しづらいのでコスパ的にはお安いのかもしれませんがね。

 

顔はかっこいいのに残念な服装

学生時代からの友人に、服装についてちょっぴり気になる男性がいます。
とはいえ、ごくごく普通のファッションセンスの持ち主で、変わった服を着ているわけではありません。
ところがよく見ると、ズボンのウエストが本人の体よりかなり太いらしく、それをベルトで固定しているので、腰の辺りに向けて変なシワが寄っているのです。
いつもそんな感じなので、不快とまでは行きませんが、「何でいつもそういう着方を?そういうファッションじゃないよね?」などと、ちょっと気になっていました。
ある時、たまたま「服をどこで買うか」といった話をしていた際、どうしてそんな着方になってしまうのかがわかりました。
彼は大学時代は登山部に所属しており、またそれよりもずっと前から、趣味として山登りを続けていたそうです。
すると日頃の訓練で鍛えられたのか、太ももが人より太くなってしまったとのことでした。
そのため、ウエストに合わせてズボンを買うと、脚が入らなくなってしまうのだそうです。
実際にちょっと脚を触らせてもらったところ、特に力を入れてもいないのに、筋肉でカチカチでした。
登山はとっくに引退したはずなのに、なかなか筋肉が落ちないのだそうです。
なるほど、これではぴったりのズボンを買うのは大変かも、とうなずきました。
本人も「だからオシャレをする気にならない」と笑っていたものです。
この話を聞いた当時は、割とスタイルがいい方なのに残念だなぁと、他人ごとながら思ってしまいました。
しかしそれから数年が経った今では、彼のお腹に肉がついてきたため、ズボンが探しやすくなったとのこと…それはそれで残念なことですね。低身長 ファッション メンズってイメージの服装になってしまっています(;´・ω・)
ファッションセンスはイマイチだけど顔はクールでカッコいいんですよね、、、残念です。